プラスマークスのあれやこれや

サイン・ディスプレイを意識したライフワークを3219グループの3219.netが提案します(3219は「みにいく」と読みます)

タグ:大型バックパネル

小田急線相模大野駅ステーションスクエア前で行われたSC相模原のトークイベントで、バックパネル『ウォーリー3S』をご使用いただきました!(バックの市松模様のパネルです)
IMG_20190309_202041
このウォーリー3Sは、高さ2.6M、幅3M。軽量で、設置も収納も簡単に素早く行えるため、イベントのバックパネルとして最適なのです
IMG_20190309_202048
主役の登場!キャプテン富澤様!そして稲本様! 応援してます〜
IMG_20190309_202052にっこり。
(ちなみにバックパネルの前にステージがあるため、下が1.5マス分くらい隠れています)
IMG_20190309_204533


ご利用いただき誠にありがとうございました

ウォーリー3Sは、高さ2.6M×幅3M。側面まで幕で囲えるタイプです。
ex_wally3s_200_
ウォーリー3Sはこちら

scsagamihara146



「ウォーリー2S」を組み立ててみました
ex_wally2S_image
ウォーリーは、幕ごと畳んで収納できる、人気の大型布製バックパネルなのです。

まず、箱です。どーん。
ex_wally_01
デモ機という事で箱に貫禄がありますが。箱は450×450×900mmあります。

あけます。
ex_wally_case_open
キャリーバッグですね。

よいしょっ(ウォーリー2Sは約10kgあります)
ex_wally_case_open2
はいっ、キャリーバッグです
ex_wally_case
このキャリーバッグ、キャスター付のできるヤツです。
取っ手を伸ばして、このようにコロコロできます。移動の時に助かりますね!
wally_02

ファスナーを開くと、幕つきのウォーリーがこのように納まっております!
ex_wally_case_naka

続きは動画でご覧下さい!



キャリーバッグにしまう前に、幕をキレイに整える ひと手間が、シワを少なく収納するポイントです

★幕を上面にして、本体を少し広げた状態で整えます
★周囲のマジックテープは本体の外側に出す感じに整えます

キャリーバッグにもスッキリ気持ちよく納まります
是非お試し下さい

ウォーリー2Sはこちら!

(※この記事は2018年2月現在の情報です。仕様に変更がある場合がございます)


このページのトップヘ